男性メイクはスキンケアまでなら、、

男性の場合、基本はスキンケアまででしょう。

キレイな肌で良く見られたいというのは男女共通。

ですが、女性の場合、会議の途中や、飲みにいっても「ちょっとお手洗い」といって、ポーチを持ってお化粧直し。というのも違和感は無いですが、男性はできないでしょう。

違和感の無い、ケータイケースに忍ばせることができるようものすごくコンパクトになるとか。。

どちらにしても潜在的需要はあるのです。

Yahoo!ニュース
「メンズ化粧品が好調 「こっそりメイク男」実はいる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090411-00000000-jct-soci

男性用化粧品が好調で、市場規模は顔用スキンケアで250億円にふくらんだ。洗顔料、化粧水、パックやクリーム、美容液もあり、女性顔負けの品揃えだ。スキンケアだけではもの足りず、メイクをする男性もいる。化粧をすることで「自分をよく見せたい」という願望が、男性にも芽生え始めているようだ。

・女性と同様、「しっとり」「うるおい」が重視される

・普及は写メールが普及し始めた頃から

・スキンケアだけではもの足りず、メイクする男性もいる。

男性用化粧品に求められるポイントも、べたつきをなくす、爽快感がある、というのから、08年に調査したところ、男性の6割が保湿、うるおいを重視。とのこと。
それだけ男性にも知識として浸透してきたということでしょう。

以下、トレンドGyaOが10〜20歳代の約2000人の女性に「男性が毎日のお手入れで許せないのは?」と題するアンケート。

許せない第1位は、「ファンデーション」(68%)
2位は「コンパクトミラーの常備」(13%)
3位は「まゆ毛のお手入れ」(6%)

コンパクトミラー!
タグ:メイク 化粧
posted by 男のシミ治療 at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。