男 肌のシミ(しみ)レーザー治療体験談〜その2

男 肌のシミ(しみ)レーザー治療体験談〜その1 に続きます。

しみ治療を専門にしている皮膚科で本格的にしみ治療を行う事にし、いよいよCO2レーザーでいぼの切除です。
あらかじめ治療についての同意書にサインしてから治療に入ります。
小さないぼは保冷剤でしばらく冷やしてから。大きないぼは麻酔注射をしてからレーザーを照射するとのこと。
私の場合は左右のこめかみ部分を中心に顔全体に広がっていたので、一気にやってしまうと大変なので、4分の1くらいずつ1週間ごとにレーザー治療を行う事になりました。
co2razer.png
ドキドキしながら歯医者で見るような機械(画像)の側のベッドに横になります。ほどなくブーンとかゴーとか吸気するような音がレーザー器から出てます。
緊張で手に汗が。。
機械の先、ペンの先のようなものからレーザー光線が出て、いぼの部分のみを削り落とします。

時折ちりちりと髪の毛がこげたような匂いとチクッと傷みがありますが、我慢できないほどではありません。1カ所につき大体1〜2秒、今回は全部で20カ所くらい切除してもらいました。


しみ治療レーザーレーザー治療の跡はやけどのような状態で、治療後は一時的に皮膚表面がへこんだ(陥没した)状態になっているので、乾燥してかさぶたになるのを避けます。

というのもかさぶたがとれたあと、その部分の皮膚がへこんだ状態になってしまい、目立ってしまう場合があるのです。常に潤いを保つように常に軟膏(ゲンタシン軟膏)を塗り、さらにスキンテープで保護します。
女性の場合、化粧はできるのですが、傷の上は避けます。

今日1日分のいぼを削り取ったあとは、赤く擦り剥けたような跡になります。麻酔をしたところは腫れていますが腫れは1日で治まります。ひりひりとした傷みは2〜3日続きます。

男性肌のしみ治療はレーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック
posted by 男のシミ治療 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性肌のしみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。